ホーム >> 横浜中華街コンシェルジュ

横浜中華街コンシェルジュ

横浜中華街コンシェルジュって?

まず、コンシェルジュとは、フランス語で“門番”の意味から派生して、 ホテルなどでゲストからの観光や利用のための相談に答える人を指します。横浜中華街コンシェルジュは、中国の文化から歴史、 横浜中華街のことを皆様にご案内する役目を担っています。

いったいどこで会えるの?

横浜中華街コンシェルジュは、自分の働いているお店で活動をしています。つまり、お食事やお買い物を楽しむあなたのすぐそばにいるのです。 例えば、食事をする前にそこにいるコシェルジュが中華料理や横浜中華街の歴史・文化などの情報を教えてくれるのです。 ホテルのコンシェルジュとの違いは、ガイドとして専従ではなくお店でサービスをしながらのご案内ということ。このため各種チケットの手配や、 お店の外に出ての案内はお願いできないのですが、中華街を楽しむ人のすぐそばにいて、お探しの情報を見つける心強い味方です。

中華街を愛し、誇りをもっているコンシェルジュの皆さんに、日本に根付いた本格的中国の食文化や歴史を尋ねてみて下さい。 より深い中華街を知ることができ、楽しみ方が倍増すること間違いなしです!

第七期コンシェルジュが誕生!

第七期コンシェルジュ33名が誕生しました。各界の有識者による勉強会で、中華街の歴史や食文化、ホスピタルティなど多岐に渡る分野を学び、 最終試験をクリアして選ばれた中華街の有志たちです。今後も様々な勉強会、お客様との交流、コンシェルジュ間のネットワークを活用し、 よりよいおもてなしで来街者の皆様に中華街を楽しんでいただけるよう頑張っていきます。第1期~第7期と合わせて計137名になり、 よりパワーアップしたコンシェルジュに、どうぞご期待ください!

第七期生コンシェルジュはこちら

コンシェルジュ在籍店舗一覧
(一期生10名、二期生10名、三期生15名、四期生9名、五期生28名、六期生27名、七期生33名 合計132名)

ページトップへ